軽自動車で初めてのハイブリッドカー

軽自動車で初めてのハイブリッドカー

日本に軽トールワゴンというジャンルを生み出した車といわれているのがスズキにワゴンRです。

 

ワゴンRはつい最近、マイナーチェンジを行って軽自動車で初めてのハイブリッドカーとなりました。

 

今まではエネチャージやアイドリングストップなどによって燃費を稼いでいたのですが、新しいワゴンRには更にS-エネチャージという簡易型ハイブリッドシステムを搭載し、更に燃費を向上させました。

 

ハイブリッドシステムといっても非常に簡易なもので、大型化したリチウムイオンバッテリーとISGといわれるオルターネーターとスターターモーターとアシストモーターを兼ねた電気モーターを備え、減速時には発電、加速時にはモーターアシストするという制御がされています。

 

プリウスのように電気モーターだけでの走行ができるわけではなく、更にモーターアシストされるのは加速時の約6秒間だけということですので、どちらかというと普通のエンジンモデルとして見た方がいいかもしれません。

 

それでもエネチャージだけのモデルと比べて6km/L以上もの燃費の向上が見られることから軽自動車としてこれで十分なのかもしれません。

 

このS-エネチャージが搭載されているのは一部グレードだけで、今までと同じエネチャージ仕様も選ぶことができます。

 

グレードは、低燃費装備が何も付けられていない「FA」グレード、エネチャージとアイドリングストップなど低燃費装備が付けられている「FX」グレード、そして今回新しくS-エネチャージが付けられた「FZ」と低燃費装備の有無や種類によってグレードわけがされています。

 

ワゴンRのドレスアップモデルであるワゴンRスティングレーにもS-エネチャージモデルが存在します。

 

ワゴンRスティングレーのグレード構成は、S-エネチャージ搭載の「X」グレードと今までのスティングレーのターボエンジンモデルと同じ「T」グレードがあり、こちらはS-エネチャージモデルかターボエンジンモデルかを選ぶことになります。

 

これでライバルであるダイハツのムーブ、ホンダのN-WGN、日産のデイズ、三菱のeKワゴンよりも優れた燃費性能を持つことになり販売面ではかなり強くなりました。