スズキのまとめ

2020/01/28 12:26:28 |
スズキは昔から軽自動車に新しい風を吹かせる自動車メーカーでしたが、またやってくれました。今まで軽自動車というのはもともとエンジンの排気量が小さいですし、パワーもボディの大きさも制限されているので、特に大がかりなからくりを使わなくても燃費がいい車として扱われました。スズキもスズキグリーンテクノロジーなるものを開発して、オルターネーター制御の拡張版としてエネチャージなる低燃費装備を開発し、燃費の良い軽自動車を更に燃費の良い車としました。これが普通自動車であれば、ハイブリッドシステムなどを活用することになるのですが、軽自動車には重量が増えることによるデメリットの方が大きいということで軽自動車のハイブ...
2014/11/12 15:31:12 |
日本に軽トールワゴンというジャンルを生み出した車といわれているのがスズキにワゴンRです。ワゴンRはつい最近、マイナーチェンジを行って軽自動車で初めてのハイブリッドカーとなりました。今まではエネチャージやアイドリングストップなどによって燃費を稼いでいたのですが、新しいワゴンRには更にS-エネチャージという簡易型ハイブリッドシステムを搭載し、更に燃費を向上させました。ハイブリッドシステムといっても非常に簡易なもので、大型化したリチウムイオンバッテリーとISGといわれるオルターネーターとスターターモーターとアシストモーターを兼ねた電気モーターを備え、減速時には発電、加速時にはモーターアシストするとい...
2014/11/12 15:30:12 |
今、スズキのディーラーをにぎわしているのが新しい軽クロスオーバーSUVのハスラーです。ハスラーは2013年のクリスマスイブに発売された新しい車で、今まで軽自動車にあったようでなかったクロスオーバーSUVとして発売されました。プラットフォームはワゴンRのものを使い、大径タイヤとサスペンションでクロスオーバーSUVらしいロードクリアランスを確保、そしてコンパクトカーなどではよく使われている角に丸みを帯びさせたボクシーなスタイルを持ったボディを載せました。テーマカラーとなっているのがオレンジとホワイトのツートンで、パッと見トヨタのFJクルーザーのような外観となっています。エンジンはスズキの低燃費技術...
2014/11/04 12:03:04 |
スズキが発売するコンパクトワゴンモデルがこのソリオです。ソリオはもともと軽自動車のワゴンRの普通車モデルとしてデビューした車で、当時はワゴンRのボディに1リッターエンジンを搭載して作られた車でした。2代目からはソリオ専用のボディを持つことになったのですが、まだまだ初代モデルの考え方が残っていて普通車ながら非常に小さな車となっていました。ワゴンとして作られた車の割にはキャビンが狭いという声が多かったために3代目モデルでは一回り大きなボディを使うようになりました。その3代目モデルというのが現行モデルとなるもので、2010年から発売されています。この車にはスイフトの標準モデル用エンジンと全く同じもの...
2014/11/04 12:02:04 |
スズキのママさん車といえばこのスペーシアです。パレットの後継モデルとして作られたスペーシアには、スズキの低燃費技術群であるスズキグリーンテクノロジーのエネチャージやアイドリングストップ、エコクールなどが採用され、スーパーハイトワゴンの中で一番燃費の良い車となっており、29.0km/Lという燃費性能を持っています。車の作りも広いキャビンに乗り降りがしやすい開口面積の広い両側パワースライドドア、簡単に畳めてフラットなラゲッジスペースを作ることができるリヤシートなどママさん車としては十分な機能を持っています。走りもそれほど悪くはありません。64psを発生させるターボエンジンモデルも用意されていますし...
2014/10/22 10:15:22 |
スズキのコンパクトカーであるスイフトには派生モデルがあります。その名はスイフト・スポーツ、スイフトと同じボディにスイフトでは1200ccエンジンが搭載されていますが、このスイフト・スポーツには136psを発生させるM16A型1600cc直列4気筒DOHCエンジンが搭載され、トランスミッションも6速マニュアルトランスミッションが選べるようになっています。いわゆるスイフトのスポーツモデルというもので、足回りも基本構造は全く同じですがスプリングのレートやショックアブソーバーの減衰力は、スポーツ走行に見合ったものにチューニングされています。ブレーキもエンジンがパワーアップしたことにあわせて4輪ディスク...
2014/10/22 10:15:22 |
スズキのコンパクトカーの主力モデルとなっているのがスイフトという車です。過去にはMINIにデザインが似ているなどといわれた時代もありましたが、現在では更に新しい3代目モデルが発売されています。スイフトは1200ccエンジンを搭載する普段使いのコンパクトカーとして作られているのですが、他のコンパクトカーのように燃費に関して積極的になっている車でもあります。コンパクトカークラスの車ではあたり前となっている可変バルブタイミングやアイドリングストップ、CVTはもちろんのこと、デュアルジェットエンジンと呼ばれる特別な構造を持ったエンジンが搭載されているのです。このデュアルジェットエンジンとはインテークポ...
2014/09/30 12:43:30 |
日本ではいつからかクロスオーバーSUVという車が異常に増え始め、ちょっと前の国産車の様相とは違うものとなってきました。しかし、日本ではこのクロスオーバーSUVをどういう車か知らない方がほとんどで、ひどい方ではオフロードマシンと同じ車だと思っている方がいるそうです。オフロードマシンといえば国産車の中ではトヨタのランドクルーザーが有名ですが、この車も最近では乗用車化してしまい、オフロードを駆け抜けるために性能が低下してきました。そうなると国産車に優れたオフロードマシンがないと思われがちですが、実はスズキからちゃんとしたオフロードマシンが発売されているのです。それがジムニーです。ジムニーはスズキの古...
2014/09/30 12:42:30 |
スズキの小型クロスオーバーSUVとして生産されているのがSX4というモデルです。SX4はまだ日本にクロスオーバーSUVという車があまりなく、なじみがなかった2006年から販売されているモデルで、現在のもその初代モデルが生産されています。この車は当初から世界ラリー選手権に出場することも考えて作られた車で、エンジンこそ2リッターNAエンジンを搭載していますが、小型車のプラットフォームを使っていながらもWRCで十分耐えられるような丈夫なボディが載せられ、パートタイム4WDではありますが最初から4WDシステムを搭載することを考えて作られていました。その結果、見た目以上に優れた走行安定性を持っており、一...